おがさわら丸が代替わりします

7月からおがさわら丸が新しい船体に代わります。

新おがさわら丸

現行船との大きな違いは全長が131m→150m、幅が17.2m→20.4mと一回り大きくなり、定員も769名→894名に増えること。ああ、現行船は世界遺産に指定されて観光客が増えてから「2等船室が狭すぎる」とのクレームが殺到して定員が減らされていたのですよね。繁忙期は毛布一枚分/人だもんな。

ただし最もリーズナブルな2等和室、いわゆる雑魚寝のフロアは543床→286床に減ります。代わりに2等寝台に安い部屋が新設されました。現行船は特2等寝台80床のみだったけど、新船は特2等寝台178床+2等寝台260床。2等和室と2等寝台の差額は3,200円ほどだから、まあどちらでも。いや、和室よりは2等寝台の方がコンセントにありつきやすくて良いかも。

他にも、速力が上がり航海時間が片道1時間半短縮されるけど、26時間が24.5時間になっても大差ないかな。

旧船には私も10年ぐらい前の年末年始に一度だけ乗りました。当時はヘルフリッチが水深15mにいて感激したのだけど、今ではその水深にはいないそうで。だったら私はもう行く機会はないかな。2等和室の往復料金があればマニラやセブに行かれるし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください