舛添都知事がけしからん理由

東京都のマーク舛添要一東京都知事が叩かれ続けています。疑惑が出るわ出るわ。そして本人は耐え続けています。どうやら心臓は強いようですね。話を総合すると、リコールでは大掛かりすぎるので都議会の自公が本腰を上げない限り任期前に辞めさせるのは難しそうです。

そこで私の意見を。舛添氏は最も軽蔑されるべき人物です。なぜかというと、ケチな金持ちは害悪な存在だと思うから。しかも彼は公金で蓄財しているのだからタチが悪すぎます。

タックスヘイブンの件もそうだけど、高所得者が課税を免れれば、そのツケはその他の大勢が払わされます。低所得者の負担を増やす行為、もしくは社会保障レベルの引き下げ要因となる行為なわけです。

まあ巨額な税金を払っても政治がロクな使い方をしないと思うのは無理もないけど、だったら蓄財するのではなく、思い思いの慈善事業にでも寄付してくれよと。

最近読んだものに海外セレブはなぜ巨額の寄付をするのか?があります。この慈善事業は「フィランソロピー」と呼ばれ、富裕層が社会貢献によって「信用」を獲得する手段なのだと。言い換えれば私腹を肥やしてばかりの富裕者は信用を得られないわけです。

日米で寄付控除制度の違いはあるにせよ、舛添氏は寄付なんかビタ一文しないタイプ。つまり「自身が儲かれば、貧者が割を食おうが社会がどうなろうが構わない」と考える国賊思考の持ち主。少なくとも世間からはそう見られています。

ああ、私のかつてのダイビング仲間にもやたらと金持ち自慢をする人が一人いました。訊いてもいないのに「飛行機はいつもビジネスクラスだ」「お昼は週2ペースで叙々苑。2,500円出せば食べられますよ」「最近1,400万の車を買った」「だれだれの所得は私の半分だ」などといったことを会話にねじ込んできます。よって話の相手をさせられるコナミのダイビングスタッフの面々や顔なじみの仲間からは嫌われていました。あるとき私が「そんなに金があるんなら慈善事業に寄付しましょうよ」と言うと、とんでもないといったニュアンスで即座に拒否していたし。彼も舛添タイプの人物ですね。私は貧乏でも人望がある人と付き合う方が好きです。

ほんでもって資本主義なのだから貧富の格差が生まれるのは当然だけど、お金の偏在と滞留は拙いので固定資産税や相続税の他にも金融資産税や預金税を設けてもいいと思います。名付けて「マスゾエ税(通称)」。舛添氏のようにケチな金持ちに消費を促すのが目的の。税金として召し上げられるのが嫌なら豪遊なり何なりで使ってくれと。守銭奴の金持ちは恨むなら舛添氏を恨んでください。

で、舛添氏が近々辞任に追い込まれるかは不明だけど、こういう人には金銭的なペナルティを貸してお灸を据えるのが効果的な気がします。例えば「任期の向こう2年、給与とボーナス50%カット+退職金返上」とか。それを飲むなら続けて貰っても良い気もします。まあ私は都民じゃないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください