SoftwareUpdateLauncher

私のiMacはいつからかOSのアップデートが効かなくなりました。

新たなセキュリティ強化のアップデータが出たときは速やかに適用したいけど、再起動時に「SoftwareUpdateLauncher」なるアプリ(?)が起動して、画面は真っ暗。OSのアップデートはおろか何もできなくなります。

SoftwareUpdateLauncher

延々と待っても何も起こらないし、メニュー操作にも反応がないので電源スイッチを長押しして強制的にマシンを再起動するしかないと思ってたのですが、調べたら対処方法が解りました。

  1. プルダウンメニューから「システム終了…」を選ぶ(何も変化しないけど)
  2. リターンキーを押す

こうするとようやくアップデートが始まりますね。

このSoftwareUpdateLauncherはおそらくアップデートを適用するためのアプリで、本来ならバックグラウンドで動くはずが何らかの理由で見えてしまっているのでしょう。

ともかく解決しました。OSを再インストールしなくて済んでよかったです。あれ丸1日作業になるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください