アンサーは頼りになるよね

私の水中ストロボ用ケーブルの1本は、ハウジングとの接続ソケットが壊れていたので新宿の水中カメラ機材専門店アンサーに出向きました。このお店は社長の野本さんが直々にパーツ単位で交換修理してくれるのですよね。

水中カメラ機材のことならアンサー

私はソケットのみ交換すればいいかと思っていたけど、野本さんが光ケーブルの断線を発見。それでも樹脂のカバーで覆われているから「折れてても光は通るのでは?」というと、そういうわけでもないのだそうな。確かに断線していてもカメラのストロボ光は届くけど、一緒に伝送されるTTL信号が欠落するそうで。知らなかった。

INON光ケーブルの説明
製品案内には曲げに強いと書かれているけど、さすがに経年劣化や無理な荷重がかかれば断線することもありましょう
INON光ケーブルの説明
多芯構造で光の透過率が高い反面、途中で折れたらTTS信号が正常に届かなくなるわけだ

なるほど、最近私の写真が妙に暗いのはそのせいだったのかも。ストロボは炊けているけど、その時の撮影条件に適合したTTS信号が届いていないものだから、ストロボが適切に光っていなかったと。

それに、ときにはストロボ自体が光っていなかったかも。なにしろスーパービューファインダーを覗きながらシャッターを切るので、ストロボが光ったかは解らないのですよね。陸で組み立てて試し撮りしたときに光ってたから安心してたけど、撮影時にアームの角度を変えた影響で断線箇所が曲がったら発光信号すら届かない可能性もあるから。

結局、修理代は新品を買うのと同じぐらいの値段になったけど有益なウンチクが聞かれたので満足です。ダイビング機材量販店ではこうはいかないもんな。写真が暗い理由が解って良かった。やっぱアンサーの野本さんは頼りになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください