テンガンムネエソ

Nikon 105mmマイクロレンズの水中カメラセットにNA スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-1を装着すると被写界深度が極めて狭くなります。感覚的には向こう2mmぐらいかな。よって魚類なら目が、ウミウシなら手前の触角がこの範囲に来るようにして撮らないと、微妙な写真になってしまいます。

そこでで私が自宅で水中カメラセットの練習やテストをする際に使っているのがこちらのガチャガチャ。

テンガンムネエソ

深海魚で、和名はテンガンムネエソというらしいです。フィギュアの全長は約4cm。

オートフォーカスが効く範囲内で最大限に寄って撮ったのがこの一枚。

テンガンムネエソ

私のカメラセットでSMC-1を使う場合、レンズ前4cmまで被写体に寄れるようです。

ちなみにこの目玉1個が直径3mmぐらい。だとすると天使の輪がくっきりしているダンゴウオは、この目玉大に写すのが限界っぽいです。

いや、マニュアルフォーカスのギアを回せばあと少し寄れるから、もうちょっと大きく写せるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください