J:comが犯人だったのか

新居ではひかりTVを契約しました。ケーズデンキ光(3,600円/月)にプラス900円で見られるとのことだったので。2年目からはチューナーレンタル料が+500円発生するらしいけど。

ひかりTVの残念なところはアニマルプラネットディスカバリーチャンネルが見られないこと。これらはナショナルジオグラフィックヒストリーチャンネルと並んで、自然科学が好きな人には必須チャンネルなのですよね。

アニマルプラネットとディスカバリーチャンネルのロゴ

かつては見られたらしいので何故かと不思議に思っていたのですが、今日J:comの人がテレビ端子交換工事に来た際に聞いて判明しました。アニマルプラネットとディスカバリーチャンネルは数年前にJ:com傘下に入ったため、ひかりTVとの契約を切ってしまったとのこと。ならば昨年J:comが買収したShopチャンネルも、その内見られなくなるのかな。

両チャンネルを提供しているディスカバリー・ジャパン株式会社の企業情報を見るとJ:com(株式会社ジュピターテレコム)の株式出資比率は20%ですね。1/5で囲い込まれてしまったのか…。でもスカパー!にはまだチャンネル提供しているのでJ:comはひかりTVを目の敵にしているのでしょうかね。考え直して欲しいなぁ。

ちなみにJ:comにあってひかりTVにないフジテレビONEフジテレビTWOは4月1日からひかりTVにも提供されるそうな。こちらはJ:comの資本が入ってませんしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください