東京消滅

東京消滅―介護破綻と地方移住増田寛也元岩手県知事の新著『東京消滅―介護破綻と地方移住』を読みました。人口統計などに関するデータを元に分析されており、2025年後には東京圏で介護破綻が始まるのだそうな。由々しき事態です。

とは言え、ちょっと論理的におかしいと思う箇所もあります。何だか東京圏の高齢化問題を、どうにかして地方の問題に拡大解釈しようとしているような。

例えば表紙をめくった折り返し(ONE PIECEなら尾田栄一郎さんのジョークが載っているところ)にはこのようにあります。

若者の集まる街、東京。そんなイメージは過去の物になるだろう。2015年から25年にかけて、東京圏では75歳以上の高齢者が約175万人増加する。東京圏には医療・介護施設が不足しており、将来、介護施設を奪い合う事態になりかねない。地方の介護人材がさらに東京圏に集中すれば、「地方消滅」に拍車がかかる。東京発の日本の危機を脱するため、地方への移住を含めた解決策を提言する。鎌田寛氏らとの対談も収録。

途中までは良いけど「地方の介護人材がさらに東京圏に集中すれば」って前提がおかしいでしょうよ。そもそも低賃金の介護士は不人気職業なのだし、その担い手に地方の人材を見込まれてもなぁ。

また、ページiiにもこうあります。

東京圏における後期高齢者の急増は、東京圏における介護人材の需要を著しく高めるが、東京圏だけでその需要を満たすことは不可能に近い。仮に、地方から介護人材を得ようとすれば、これまで以上に大量の若者が地方から流出することになり、結果「地方消滅」が一気に加速する。東京圏の高齢者問題は、地方の存続をかけた問題でもある。

これにも疑問。「東京圏だけでその需要を満たすことは不可能に近い」という理由はP.21に書かれていて、もちろん土地の制約です。東京圏は地価が高いし、そもそも入手可能な土地が少ないから。でも、どうにかして待遇を上げて地方から介護人材を集めようにも受け皿がなくては無理なので、やはり施設の拡充が専決事項。それが解決しない内は「東京圏の高齢者問題は、地方の存続をかけた問題でもある」はずがなく、単に東京圏が介護破綻するだけです。

そしてP.26にはこうも書かれています。

一方、地方の一部地域では、近い将来、高齢者人口も縮小する中で医療・介護需要が減少していくことが見込まれており、地域雇用を担ってきた医療・介護分野の縮小により、人材の東京圏への流出に拍車がかかるおそれがある。

でも、これも穿った見方です。そもそも地方で介護をやっている人は実家があったり家族がいたりしてその地に愛着があるから低賃金でも働けるのであって、「お前ら職に溢れたんだから東京圏に来て介護しなさい」なんて誘いにはおいそれと乗れません。何とか地元に残る手段を探すか、東京に出るにしても家族を養えるように介護よりも待遇の良い別の仕事を探すことでしょう。今後は様々な業種で人手不足が起こるのだし。

増田氏は以前に『地方消滅 東京一極集中が招く人口急減』を出したものだから、強引でも地方が消滅する方向に話を持っていきたいのでしょうかね。元岩手県知事といっても東京都出身だし。

なお、彼は日本創生会議の座長でもあり、「東京圏高齢化危機回避戦略」として高齢者の地方移住を提言しました。一部から「姨捨山」などと揶揄されたあれです。そりゃそうでしょう。名指しされた地方にしてみれば「東京圏の尻拭いのように、要介護高齢者を押し付けられても…」って気にもなります。これまで地方の過疎化、高齢化を尻目に一極集中の恩恵をさんざん享受しておきながら、いざ東京に危機が迫ってきたら地方にも分担させて希釈しようという魂胆が透けて見えるので。つまるところ彼はどこまでいっても東京目線、東京優先の人なのでしょう。

ちなみに私の予想は増田氏の言い分とは逆です。いや、東京の介護破綻は確実に起きるけど、それで地方が消滅することはなく、むしろ急速に暮らしにくくなった東京圏に見切りをつけて地方に本社を移す企業や東京を避けて起業する人がポツポツ出てくるのではないかと。そう、率先して移住するのは要介護の高齢者ではなく主に現役世代とその家族です。誰だって希少な医療機会を高齢者と奪い合うような生き方はしたくないだろうから。他にも保育所が足らない待機児童の問題もあるし。

とはいえそうして移るのはほんの一部。潤うのも中堅都市の中心部ぐらいだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください