引ったくりに遭った話

GAISANO GRAND MALLS今年の三月、フィリピンのマクタン島に滞在していたときの話。

この日、GAISANO GRAND MALLS(ガイサノ・グランモール)で買い物を済ませ、帰路のトライシクルに乗り込もうとした瞬間、お尻のポケットから財布を引き抜かれる感触が。Snatcher(引ったくり)です。

まあ私はタイトなハーフパンツを履いていて、尻ポケットに入れた財布は自分でも簡単には出せないほどミラクルフィット。他者が引き抜こうとしてもショートパンツごと持ち上がるだけです。おまけに私の財布はチェーンでベルト通しに繋いでるので、よほど破壊的に引っ張られなければ盗られることはありません。よって財布は無事。そのスナッチャーもそそくさと歩いて去っていきました。でも、安堵はしても気分は良くないですね。

そういや数年前、一緒にマクタン島にダイビングに行った連れの女性がスーパーで財布をすられたこともありました。女性の場合、財布はバッグに入れて携行するわけで、何かの商品に気を取られているときなどは無防備になりがちです。

あるいはジプニーを利用する際にもバッグは膝に乗せるのが鉄則。背中側に置いて座ると、口が閉まっていてもカッターで切られて中身を盗まれることがあるそうな。

フィリピンには陽気で気の良い人が多いし、マクタン島はマニラなんかよりも安全なはずだけど、当然、素行の悪い連中も交じっているわけです。旅行者にしろ留学生にしろ、くれぐれも注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください