ゴルゴニアンシュリンプ

マクタン島のエンガニョ岬沖の棚下の砂地にいるゴルゴニアンシュリンプ。体長が10cmもあるため私のカメラではこんな絵になります。

ゴルゴニアンシュリンプ

水深約33m地点にいるので一日の最初のダイブの最初に直行し、数分間撮って退却するのが定番。

本当は鼻先から画角の対角線に撮ってみたいのだけど、まだ成功していません。どうしてもオドリカラマツに邪魔されるし。今のところこんな感じに留まっています。

ゴルゴニアンシュリンプ

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください