黒抜きシムランス

水中写真は黒抜きで撮ると生物が映えますよね。

でもフィコカリス・シムランスは黒抜きで撮るのが少し難しい生き物かも。なにしろ海底から生えた10cmに満たない草に停まっていることが多いので。

言うまでもなく黒抜きで撮るにはシャッタースピードを速くし、絞りを思いっきり絞ってフラッシュ撮影するわけですが、周りに光を反射する何かがあれば黒くは抜けません。

よって背景および近くに何もない開けたところで、やや見上げる角度で撮れる場合は黒抜きのチャンスです。

Phycocaris simulans(フィコカリス・シムランス)
Phycocaris simulans(フィコカリス・シムランス)

残念ながらこの写真はフラッシュで目が白く飛んでしまいました。

というか黒抜きにも難点があって細部が写らないのですよね。下の写真は触角の毛も写っています。

Phycocaris simulans(フィコカリス・シムランス)
Phycocaris simulans(フィコカリス・シムランス)

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください