SUUNT ZOOPはイマイチ

マクタン島滞在中、7年間あまり使ったダイコンのMARES NEMO SPORTを紛失したので現地のお店でSUUNT ZOOPを購入しました。

SUUNT ZOOP
SUUNT ZOOP

価格は約10,000ペソ(当時のレートで29,000円くらい)。SUUNTはずっと避けてたのだけど、同じく現地で購入可能だったMARESの再安製品だと15,000ペソと1万円以上も高かったので。

で、しかたなくZOOPを買って使ってみたけど、思っていた通りイマイチですね。まず長すぎるベルト。自分で適切な長さに切らなければならんようです。うっとうしい。

それからボタンが押しづらいです。時計の時刻合わせの方法も解りにくく、マニュアルを見ないと設定できませんでした。

さらにこのZOOP、安全停止のカウントダウンが秒単位ではなく分単位ですね。残りが数秒でも59秒でも1分と表示されます。

そして極めつけはダイブテーブル。NEMO SPORTなら何てことないダイビングでも、SUUNT ZOOPの場合は安全停止7分なんて表示が出ます。もちろん無視すれば24時間かそこら利用不可になるのでぶっちぎるわけにもいかず。

そう、この最後の点が私がSUUNTを避けていた理由です。他社製品よりも明らかにダイブテーブルが厳しいのですよね。

まあ、だからってダイコンはおいそれと買い替えるわけにもいきません。その内また無くすかもしれないし、それまではこれに付き合っていかなきゃならんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください