フィコカリス・シムランス

川奈のダンゴウオシリーズも目ぼしい写真が尽きたので、セブの写真を出していきます。

今回のセブ行きにあたっては課題生物を2種選定してありました。一つがフィコカリス・シムランス。通称「ヘアリーシュリンプ」です。近年マクロ派の間では注目されていて、ダイビング雑誌にもちょこっと載ってたりしますよね。

フィコカリス・シムランス
フィコカリス・シムランス

体長5mmほどのこのエビを大写しするのがテーマでした。願わくばバックを黒抜きで。当然ながら目の黒点がくっきり写っていることが大前提です。

そうして成功した部類の一枚がこれ。画角を4:3にするために横だけをトリミングしたけど、このサイズで写っています。しかも卵を持っているし。

でもNA スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-1のポテンシャルからすると、もっと大きく写せるはず。今後の課題です。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください