BAYSIDE English Cebu RPC留学の必需品

以下、BAYSIDE English Cebu RPCに留学する際に早目に用意した方がいいと思ったアイテムです。

電源延長ケーブル

BAYSIDE English Cebu RPCの寮の部屋にはアウトレット(コンセント)が1ヶ所しかなく、しかも備え付けの机から離れています。よって机でパソコン等を使いたいときなどは電源延長ケーブルが欲しいと思うはず。5m以上のタイプがいいでしょう。

もちろん現地でも大きなショッピングモールに行けば買えます。

フィリピンで買った電源延長ケーブル
フィリピンで買った電源延長ケーブル

LED読書灯

BAYSIDE English Cebu RPCの寮の部屋は暗いです。天井の真ん中に蛍光灯が1本だけなので。

昼間は陽の光が差し込むけど、夜に教科書を読むのは辛い明るさ。

よってLEDの読書灯があると便利です。

蚊取り線香

フィリピンはデング熱の本場。BAYSIDE English Cebu RPCにも蚊が多いです。寮は平屋作りで近くにプールもある(一説では大量のボウフラが湧いている)ため蚊取り線香の類いは必需品です。

現地在住の日本人に聞くと「BAYGON」という紫色の蚊取り線香が最も効くとのこと。町のスーパーで買えます。一箱10本入りが14ペソ(40円)ぐらいだったかな。

Baygonのロゴ

ただし紙箱入りなので受け皿は別途用意する必要があります。

蚊よけクリーム

常々蚊取り線香を持ち運ぶわけにも行かないので蚊よけのクリームも調達した方がいいでしょう。

インドネシアにはスプレータイプのSoffellがあったけど、セブではクリームタイプしか見かけませんでした。

OFF! Mosquito repellent cream
OFF! Mosquito repellent cream

 

日本でも買える蚊よけバンドの類いがフィリピンの蚊にも有効かは試さなかったので解りません。

通学バッグ

選択科目とコースによっては1日に7〜8冊の教科書を使います。教科書を取り換えるために授業と授業の間に校舎と寮を行き来するのは面倒なので、数冊まとめて入れておけるバッグがあると便利です。

ちなみにBAYSIDE English Cebu RPCで使う教科書はすべてA4サイズ、厚みは1cm程度でした。

ブランケット

BAYSIDE English Cebu RPCの寮のベッドには掛け布団がありません。

いや、そもそもフィリピンには掛布団の習慣がないと聞きました。確かにホテルに泊まっても厚みのある掛布を見た記憶がありません。

でも常夏のフィリピンとて早朝には冷え込むこともあるので、暑がりの人でなければブランケットがあった方が良いかも。

缶切り

缶切りもあると便利です。

BAYSIDE English Cebu RPCの寮では調理器具の使用が禁止されているので、夜食を食べるとしても調理不要なものに限られます。お湯はウォーターサーバーで汲めるのでコーヒーやお茶は飲めるしカップ麺もOKですが、炭水化物主体ではさびしいのでツナ缶の類いを食べたいときもあろうかと。

でも現地で買える缶詰はほとんどが缶切りで開けるタイプ。よって100均で買って持っていくのが良かろうと。現地で売っている缶切りは500円ぐらいしてるし。

消せるボールペン

多くの人は教科書に英単語の和訳などを書き込むはずです。メカニカルペンシル(シャーペン)を使っても良いけど、カラフルにメモするならボールペンが便利。ただし書き直せるのがいいので消せるボールペンが最適です。少なくとも赤・青・黒の3色はあったほうがいいでしょう。

同じく消せるハイライター(蛍光ペン)もあると便利です。

これらはおそらく現地では買えないか、売っていても輸入品なので高いはず。日本で調達して持っていきましょう。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください