BAYSIDE English Cebu RPCの食事

BAYSIDE English Cebu RPCの食事は朝食が7:00、昼食が12:00で夕食は17:00。ただし土日祝日は朝食が8:00になります。

メニューは和食とフィリピン料理と韓国料理がローテーションです。ブッフェではなく盛ってもらう方式ですが、お代わりはできます。

味の方は以前は残念な感じだったらしいけど、ずいぶん改善されたようで、皆美味しいと言っていましたね。ただしフィリピン料理の特徴は炭水化物が多い点。例えば朝食にはライスとパンとビーフンなんて組み合わせの時も。ほんでもって野菜はほんのちょっと。これが不満といえば不満。トマトのスライスやナスの煮物などがあるときは良い方で。フィリピンでは生野菜のサラダなんてのはぜいたくなのかも。

炭水化物多すぎな朝食
炭水化物多すぎな朝食
シシグ(フィリピン料理)
シシグ(フィリピン料理)
石焼きではないビビンバ
石焼きではないビビンバ

ほんでもって夕食の17:00ってのは早いですよね。よって私は近所のバーに夜な夜な飲みに出かけていました。アグスにはお店が少ないのだけれどBAYSIDE English Cebu RPCから歩いて1〜2分のところにCIAOという名前のバーがあり、そこが定番でした。

ちなみにCIAOの左隣はパン工場があって焼き立てのパンを5ペソ(約13円)で買えたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください