BAYSIDE English Cebu RPCの感想

BAYSIDE-English-CebuBAYSIDE English Cebu RPCでの語学留学の感想は「めちゃめちゃ楽しかった!」「行って良かった」です。理由はいろいろあるけど学友と先生・スタッフらに恵まれたことで、まったくストレス無く過ごせました。

でも中にはフィリピンの生活に慣れられず直ぐに帰りたいと漏らす人や、実際に帰ってしまう人もいましたね。BAYSIDE English Cebu RPCはAGUS(アグス)という地区にあり、隣がイベントホールっぽくなっているので、お祭りの前なんか夜中の3時過ぎまで大音響で大騒ぎしてて。早朝から鶏も鳴くし。ちなみに私の場合はマクタン島に10回以上行ってて慣れてたし、元からうるさかろうが明るかろうが構わず寝られるので何ら問題ありません。大半の留学生もそれなりに馴染めていたようです。

ただまあ留学先として相応しいかは人によっては微妙かも。というのも日本人が多すぎるのですよね。この学校は一度に100名以上の留学生を収容可能な寮を持つ大型校で、留学生のほとんどが日本人(他には韓国人と台湾人が少々。稀にロシア人が来ることもあるらしい)。加えて日本人スタッフも常駐しているので、授業以外ではほぼ日本語だけでも生活できてしまいます。よって短期に英語力を伸ばしたければ、どっぷり英語付けになれる他校を選んだほうがいいでしょう。

また、この学校の特徴としては留学生の年齢層が幅広いこと。下は親子留学で来ている2歳児ぐらいから上は70台半ばの人まで。19歳〜30歳ぐらいの人が多かった気がするけど40代以上の人もちらほらいて、最低限の社交性があればどの世代でも馴染めそうな感じでした。特に60歳代以上のシニアの方々は人生の経験値も高く、かつ留学するだけあって積極的で、話していて非常に有意義でしたね。

そしてフィリピン人は、いかにも南国の人たちらしく大半が陽気な連中です。まあこの点は別の学校でも同じでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください