ONE PIECE 76巻の感想

発売から2週間ほどたったので久しぶりにONEPIECEの感想でも。例によって週刊少年ジャンプの連載は読んでいないので、すでに別の形で答えが出ているかもしれないけど、その場合はご容赦を。

76巻、最初に読んだときの感想は「やっぱ盛り上がんねぇ」でした。話がなかなか進まなくて。今に始まったことではないけど。

まあでも読み返せば盛り上がりの有無には関係なく、あれこれ気付く点も出てくるわけです。いくつか抜粋します。

◇◇◇

ウソップは見聞色の覇気が覚醒したの?

ウソップがシュガーを再度撃退したときの描写はそうなんでしょうかね。父親のヤソップはルフィが知る限り的を外したことがなかったそうだけど、その境地に近づきつつあると。

頭割り人形

「頭割り人形」は頭を食い割るって意味の他、8人分の頭割りってことなのでしょうね。

藤トラの賭け

藤トラの賭けとは「ドフラミンゴを麦わらに倒させる」か。不用意に七武海の称号を剥奪すればドフラミンコ一派の統制が利かなくなり、市民はもちろん藤トラ以外に手だれがいなさそうな海軍にも甚大な被害が出るけど、海賊どうしで潰し合ってくれれば御の字。ほんでもって比較的無害な麦わらが勝つと踏んだと。

「D」

76巻の最大の見せ場は最終ページのこれ。遂に次巻あたりでDの意味が明かされそうですね。名前なんだから勝手に命名しても良さそうなものですが、選ばれし者だけが名乗れる事情がありそうです。ドフラミンゴと一緒にいちゃいけない理由ってのも思わせぶりだし。

そこで想像だけど、覇王色の覇気の素養を持って生まれたものだけがDを名乗れて、それ以外が名のれば呪われるとか。そしてドフラミンゴの本名もD・フラミンゴで、Dの名前を持つ者どうしは両雄並び立たず、一緒にいるといずれどちらかが死にかねないなんて設定かと。ポートガス・D・エースとモンキー・D・ルフィが一緒に育ったときは覇王色の覇気の覚醒前だったから無事だったなんて。

まあ、あれこれ考えるのもアホらしいので、そんなところで。

10人目の巨漢船長はクザン?

今さらながら前々巻の話。闘技場のアナウンスでジーザス・バージェスが「黒ひげを支える10人の巨漢船長の一人」と紹介されていた件。既知の黒ひげ海賊団のオリジナルメンバーは船長マーシャル・D・ティーチの他にジーザス・バージェス、ヴァン・オーガー、ドクQ、ラフィット。これにインペルダウンでサンファン・ウルフ、アバロ・ピサロ、バスコ・ショット、カタリーナデボン、シリュウを補充して計9人。

ならば10人目は元青キジのクザンでしょうかね?もちろん潜入目的で。バージェスと黒ひげが「青キジなんか信用できねぇ」「シリュウも同じだろう」という会話があったし。

まあそう思わせて違うかもしれないけど。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください