朝鮮人と中国人は悪いことしかしない

先日、コナミスポーツ新百合ヶ丘店のドライサウナで70歳ぐらいのおじいさんが「朝鮮人と中国人は悪いことしかしない」などと話していて残念な気持ちになりました。お相手の人も黙って受け流していましたしね。

もちろん両国民の中にはそういう人もいるでしょう。例えば対馬のお寺から仏像や教典を盗んだ犯人や、ともするとその行為を称賛するネットの風潮は私もけしからんと思います。アメリカに慰安婦像を立てるのも、まったく理解できないし、やるにしても自国内でやれよと。

また、小笠原の赤珊瑚を強奪していった中国船団なんかには怒りを覚えます。私が大金持ちなら放水砲を積んだ高速船で打ちまくって蹴散らしたいところです。まああれは漁師らの意思というよりも裏で共産党政権が手を引いているのだろうけど。

でも韓国にも中国にも良い人はいっぱいいるはずだし、逆に日本にも悪い人はいます。あるいは概ね善良な人でも歩きタバコなどの悪癖を持っていたり、それ以外でもたまたまタガが外れて魔が差すことはありましょう。

そこで冒頭のサウナの一件で思ったのは「もしそのおじいさんが韓国や中国に生まれていたら、きっと頑なな反日思想を持っていたんだろうな」ということ。日本を敵視する人たちと反韓・反中の人は置かれた立場が違うだけで、同レベルの思考パターンではないかと。「日本のやることなすこと気に入らん」と「朝鮮人と中国人は…」は鏡のような関係でしょう。

よって自制心のある我々は韓国人や中国人に対しても是々非々で対応すべきですよね。そりゃ悪いことをすれば毅然とした態度で接しなきゃならんし、脅威があるなら警戒も必要だろうけど、国籍やルーツで罵ったり差別してはいかんです。

まあ、いわゆる「在日」に対しては法制度的な問題があるようなので、そちらを修正する必要があると思いますが。

“朝鮮人と中国人は悪いことしかしない” への2件の返信

  1. おっしゃる通りだと思います。

    ただ、最近は各国とも、
    国民が徒に相互を敵対視するような風潮を、どうも国の側から煽っているような気がします。
    中、韓は歴史的な側面もあり昔からあからさまにそうでしたが、最近は日本もです。

    はっきり言って、私は3国とも今の政府が好きではありません。
    でも好きな人々、尊敬できる知り合いが全ての国にいます。
    国益を考えると対外政策的にはそんな綺麗ごと言ってられないのかもしれませんが、
    私たちがそれに引っ張られる必要はないはずなのですよね。

  2. greenfiddlerさん、コメントありがとうございます。

    拙い傾向ですよね。
    日本では景気低迷が四半世紀も続き、格差も広がったためか、鷹揚に構える気概が損なわれている気がします。
    そりゃ韓国や中国の出方に腹立たしいことも少なくないけど、日本側が劣化してはいかんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください