さらばソフトバンク

ソフトバンクのお父さんホークスが優勝した日に何ですが、昨日、ソフトバンクとの携帯電話の契約を辞めました。理由はもちろん利用料。普段あまり通話しない者にとっては月々の利用料金が高いからです。まあauもドコモも似たり寄ったりだけど。

ビックカメラのいくつかの店舗では、いわゆる格安SIMの「BIC SIM」(IIJ)に即日MNP転出できるのですが、そのためにはMNP転出の予約番号を自身で取っておく必要があります。

そこでソフトバンクの所定の番号に電話。オペレータとのやり取りはこうでした。以下「オ:」はオペレータです。

オ:「どちらに転出でしょうか?」
私:「IIJです」
オ:「ソフトバンクとの契約を続けられるおつもりはないでしょうか?」
私:「いいえ。普段通話しない人向けの安い料金プランが出ない限り、転出後も戻りません」

オ:「料金がお安くなるプランもご用意しておりますが…」

私:「でもソフトバンクだと最低でも月々7〜8千円はかかりますよね」

オ:「ちなみにIIJの料金はおいくらと聞いていますか?」

私:「せいぜい2〜3千円です」

オ:「ソフトバンクでも月々3千円台に収まるプランがありますが」

私:「それってデータ通信量によっては跳ね上がりますよね?」

そう。「パケットし放題フラット(5,700円/月)」ではなく「パケットし放題」なら2,000円〜/月だけどデータ通信量が5MBを超えると従量制で課金され、15.5MBを超えたら6,200円の天井に張り付いてしまいます。5MBはもちろん15.5MBもあっという間だから罠みたいな料金プラン。そんな手には引っかかりません。

パケットし放題
パケットし放題 パケットし放題がこの図の青線と青字の通りの従量制なら良心的だと思うけど。 緑の線の実際の縮尺は5MBから15.5MBの間はほとんど垂直だし…

オ:「ヨガタ様は当社の特別なお客様に認定されておりまして、機種変更に使える3万円分の割引き特典がございますが…」

そう言われてね。もうSIMフリー版のiPhone 6 Plusを買っちゃってるので、その金額には何の魅力もありません。「特別」ってのも「既存のiPhoneユーザ」ってだけだし。

で、そろそろ面倒くさくなったので、話を打ち切ることにしました。

私:「もう決めちゃったので」

そう言った後はオペレータもすんなり事を運んでくれ、電話を切ると即座に予約番号と注意事項のメールが届きました。

もっともオペレータ君はマニュアル通りの応対をしているだけのはずです。あわよくば思いとどまらせるように会話しろと指令が出ているのでしょう。iPhoneの取り扱いで最古参のソフトバンクはiPhonseユーザー数が多い分、そのMNP転出過多の危機にあるのだし。

私とて、もう少しソフトバンクの長期利用者優遇が手厚ければ残ったと思うのですがね。例えば、月々の利用料金から契約年数×100円を割引くとか。でもポイント還元率が僅かに上がるだけなら迷わず転出するってなものです。

まあ、IIJの1年縛りが終了するころに新しいお得な料金プランが出ていれば、また再転入するかもしれませんがね。

私のFacebookページ:IT.FROGFISH.JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください