ヴィラ・マグダレナ

先日のアニラオで利用したダイビングサービスはヴィラ・マグダレナ。ワールドツアープランナーズなどのツアーでも扱っているパシフィコアズールリゾートのマネージャだった大沢さんご夫妻が独立して立ち上げた、この夏オープンしたてほやほやのリゾートです。

ヴィラ・マグダレナのオーシャンビュー
リゾートからの景色。ナイトダイビングは右奥に写っている桟橋の先っぽからエントリします

でもマリンダイビング誌のゴット姉さんのblogには5月に泊まったとありますね。さすがだ。

そのヴィラ・マグダレナ、場所的にはパシフィコアズールリゾートよりも車で10分ほど南に走ったところにあります。

ヴィラ・マグダレナとパシフィコアズールリゾート
上がパシフィコアズールリゾート、下がヴィラ・マグダレナ

ちなみにリゾートは丘陵からうねった急斜面を下ったところにあります。自力で上り下りしようものなら膝に水が溜まりそうでした。

ヴィラ・マグダレナの立地
白壁の建物がヴィラ・マグダレナ。幹線道路は奥にあります。 桟橋は向かって左隣のMayumi resortさんと共同で使っていました

予約していたお部屋は最もリーズナブルなスタンダードルーム。それでも十分な広さがあり、エアコンも付いていて、バスタブもありました。さすが日本人経営。私は米のご飯はなくても暮らせるけど、お風呂には浸かりたくなるんですよね。

ヴィラ・マグダレナのバスタブ
お湯を張って寝っ転がれるタイプです。これ、お湯が冷めやすいけど南国なら十分アリです

なお、カップルルームなる部屋もあるらしいので、予約するときはカップルで行くのか、そうでないのかを伝えといた方がいいです。男どうしでベッド1台、他の部屋も空いてないなんてのは辛すぎるので。

リゾートのシステムは総じてパシフィコアズールリゾートのそれを引き継いでいました。精算時には潜ったポイントをプリントアウトしてくれます。

ヴィラ・マグダレナの明細
4泊5日11ダイブ、飛行機代と合わせて計9万円ってところでした

ただしクレジットカードはまだ使えないそうな。あれって開業後一定の期間が必要なんだっけ?

それとお土産Tシャツはフィリピン人デザイナーに発注してて、まだ出来上がっていないとのことでした。

食事も総じて美味しかったし、特に不満も感じない、いいリゾートに仕上がっていましたね。

ああ、Wi-Fiが超低速どころか不通になることも多々あったのが難点だけど、こればかりは現地のインフラだからなぁ。フィリピンの僻地なわけだから、なかなか改善はしないんじゃないかと。

よって、もし仕事とかで定期的なメールチェックが必須なら、現地で使える携帯電話系のWi-Fiルーターか現地SIMを使えるスマホなんかを用意して行くべきですね。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください