阪神の日本シリーズ進出ってアホくさっ

阪神タイガース2014昨日、プロ野球セリーグのクライマックスシリーズで阪神タイガースが4連勝。日本シリーズ進出を決めました。でも元阪神ファンの一人としてもアホくさいなあと。

いやもちろん選手やスタッフたちは労い、祝福したいと思います。でも、アホくさく思うのは制度的に無理がありすぎるからでしょうね。

これがMLBなら両リーグ3地区5チームずつの系30球団。しかもプレーオフに出場できるのは各地区優勝チームとそれに次ぐ成績の1チームのみ。これならワールドシリーズ出場を賭けた決勝トーナメントとして成立します。

でもプロ野球は両リーグ6チームずつの上位半数が出場できて、ペナントレースで大きく成績が劣る3位チームにもチャンスが与えられるので、まるで「一発逆転ボーナスクイズ」みたいな感じです。

とは言え、現状では制度をどうやっても改善はされないでしょう。以前のようにクライマックスシリーズを無くせばペナントレースが早々に決まりかねないし、上位2チームの決戦にしても可能性が1/2が1/3になるだけで今までと大差なかろうと。なぜ2位チームにチャンスを与えるのか説明がつかないし。

よって答えはとっくに出ているのですよね。エキスパンションだと。4球団数を増やして2リーグ16球団、各2地区制にする。これなら地区優勝チームどうしのクライマックスシリーズが成立します。

もちろん弊害はあって、4チーム増やすとなると選手数を一気に3割増やさなければならないので、何年かはレベルも下がりましょう。まあセパどちらかから2チームずつ時間差で増やすって手はあるか。

それから新球団を支援する体勢も必要ですよね。せっかく名乗りを上げても数年でギブアップでは拙いので。具体的には所属選手を分け与えるエキスパンション・ドラフトの実施やメディア放映権の一括契約と分配、球団あたりの年俸総額設定と贅沢税の制度などですね。

ただし、既存球団はファンを割かれます。しかも全国にファンがいる球団ほど割りを食いましょう。はっきり言ってしまえば讀売ジャイアンツが最もダメージ大で、次いで阪神タイガースもそうかな。だからこそ2リーグ分裂から半世紀が経っても一球団たりとも増えていない、つまり事業規模を拡大できていないのでしょう。発言力が強すぎる球団が既得権を手放さないと。いつぞや安倍首相が言及したときも袋叩きで封殺したし。

でもそれをやらないとプロ野球はジリ貧だと思うのですよね。仮に今年日本ハムファイターズが勝ち上がろうものなら、ペナントレース7ゲーム差のタイガース対6.5ゲーム差のファイターズなんて、よく解らんことになってしまうし、そんなことが毎年続く可能性だってあるわけです。

ちなみに私は2004年の1リーグ化騒動を境に阪神ファンだけでなくプロ野球のファンを辞めました。長らく続いて大きくなったコミュニティを無慈悲に消滅させる決断をする組織が嫌いだから。あのとき近鉄球団が楽天に身売りしたのであれば問題もなかったのだけど。

Jリーグもそう。1998年に横浜フリューゲルスが横浜マリノスに吸収合併されてからはテレビ中継もいっさい見なくなりました。

いや、諸事情で経営母体の企業が身を引くのはやむを得ません。ただし、コミュニティは残すべく、ちゃんと後任に引き継いで辞めて行けよと。どうしてもそれが無理なら無条件で解散しろと。それなら後年復活する可能性も残ります。

ともかく親会社によるチーム合併は最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください