台風18号を食らってしまった話

台風18号、東京や神奈川も凄かったらしいですね。私は10月2日からフィリピンのアニラオに行ってて日本の情報はまったく入っていませんでした。何しろWi-Fiすらほとんど通じなくて。テレビもなかったし。

そんでもって帰国の10/6日、その18号の影響を受けてしまったわけです。まあ実害は帰国が遅れて朝帰りになり、寝不足のまま出勤になったことぐらいですが。

もちろんマニラに出発する前に台風の進路予想図はチェックしていて、6日の帰国が危ういとは思っていました。だから便が欠航になってリゾートでもう一泊を余儀なくされ、1日余計に潜ってこられるのを期待していたのだけど…。

その6日の朝6時半、かろうじて繋がった超低速Wi-FiでANAのサイトにアクセスしたところ「羽田空港では14時までの全便が飛ばない」とのこと。

ANA 東京羽田空港をご利用のお客様へ 10月6日に東京羽田空港をごりようのお客様へ

「おう、それなら羽田→マニラの午前便(NH869)が欠航、必然的に午後便のマニラ→羽田(NH870)も欠航になってくれるのか?」と思いきや、ANAは時間を後にずらして飛ぶと発表。

  • NH869 羽田発09:55→16:45 >> マニラ着13:30→20:00
  • NH870 マニラ発14:40→21:15 >> 羽田着21:15→02:30

よって延泊できないことが確定。ANAが飛ぶと言っている以上、翌日に便を変えると自己都合になってしまいます。何もそんなに頑張らなくて良いのに。搭乗率だって2割かそこらだったのだし。

これが成田便ならあっさりと欠航していたはず。夜間の離発着ができないので。今回は24時間運用可能な羽田便を使ったのが仇(?)になった形です。

結局、リゾートを朝8時出発予定だったところを11:30に変更してシュノーケリング。その後もマニラのSMショッピングモールに寄るなどして時間を潰し、延期後の予定通り2:20分ごろに羽田に帰国しました。

なお、例えそれが台風による遅れでもANAの対応は丁寧でかつ低姿勢。以下の三方面に臨時バスを出していました。

  • 新宿経由⇒池袋行
  • 川崎経由⇒横浜行
  • 品川経由⇒東京行

また、これらが利用できない人には交通費立て替え精算(1万円まで)の封筒を配っていました。

ANAの立替費用精算封筒

もっとも私はどちらでも帰り着けないので空港のベンチで2時間ほど寝てから5:20発のバスで帰宅。なるほど第一と第二ターミナルには停車しない、深夜帰国便利用者のためのバスが走っているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください