ボブテイル・スクイード

GWにインドネシアのアンボン(Ambonと表記。ニューギニア島の西隣)で撮った甲殻類とウミウシ類の新作写真が尽きたので、それ以外の写真を出して行くことにします。

本当はダイビングに限らず長文のエントリを書き溜めていった方が検索エンジンからのアクセスが集まりやすく、逆に特定の生物にフォーカスしたエントリにはなかなか注目が当たらないのだけど、まあ仕方がない。写真+ショートコメントのような簡潔な投稿を多くしないと、ほぼ毎日掲載の体を保てないので。


ボブテイル・スクイード(Bobtail squid)です。和名だとニヨリミミイカ。砂地に棲息していてナイトダイビングでちょいちょい見かけます。

ニヨリミミイカ(ボブテイル・スクイード/Bobtail squid)
この個体の体長は1cmぐらい

とても人気のある生き物で、全日程で同じチームとして潜った英国人ダイバーのマークさんもリクエストしていました。

ニヨリミミイカ(ボブテイル・スクイード/Bobtail squid)
こんな風に砂に潜ります

ちにみに漁網に掛かることもあるらしく、食えるみたいです。こんなにメタリックなイカも網上げしてしまうと小さいイカですしね。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください