ソフトバンクから逃げ出すタイミング

iPhone 6 & iPhone 6 PlusITmediaによると「iPhone 6登場で携帯大手3社のキャッシュバック合戦再燃か」だそうな。さもありなん。特にソフトバンクに関する「古い機種の契約者層が多く、草刈り場になりかねない」は確かにそう思います。iPhoneを使いたいがために渋々他者から転入してきた人たちの逆流もあるだろうし。

ここはキャッシュバック合戦ではなく大手三社で利用料の値下げ競争になってくれればあり難いけど、そうはならないでしょうね。値下げは利益を減らすし、地道に顧客満足度を上げるよりも見せ金をチラつかせて新規契約を勝ち取った方が手っ取り早いので。しかもそうやって獲得した新規の客は、以後キャッシュバックの原資を払う側になってくれると。

もっともキャッシュバックの原資が既存契約者の利用料に上乗せされているといったって一人当たりの額は僅かでしょうが、釈然としませんよね。長期契約者が冷遇されているような気がして。

もちろん望めば自分がキャッシュバックを受ける側に回ることもできるけど、そうすると転入先のキャリアに縛られて、向こう2年間また高い利用料を払い続けることに。ほんでもってそれには別の人へのキャッシュバック代金が上乗せされているわけです。

よってソフトバンク契約者に限らず、端末代の残債額が少なくて、かつキャリアのサービスに依存していない人ならば、さっさとMVNO系の格安SIMに転出した方がいいと思います。中途解約料金を払っても、ゆくゆくはその方が安上がりです。iPhoneにこだわらなければ本当に格安で済むようになるし。

てなわけで私は手持ちのiPhone 5に不満はないけど、格安SIMに乗り換えるためにSIMフリー機が必要なのでiPhone 6を買うつもりです。

ここで気になるのはソフトバンクからMNP転出するタイミング。私のiPhone 5は端末代の支払いがあと2回残っていますが月々割の方は一ヶ月早く始まったので今月分で終了です。ということは、どうせ最後の1回分は払うのだから、さっさと解約しても良かろうと。

ただし、ソフトバンクのサイトで月々割の要件を確認してみると、期間中に契約変更したときは適用が前月までで終了するらしいですね。私の契約の締め日は月末(契約者によって違うらしい)なので、今月中に解約したら今月分の機種代金の相殺がなくなるみたい。まあ2千円ちょっとだけど。だったら10月1日にMNP転出するのが良いかな。

と思ったものの、ふと気になって調べたら、別のページにこんな記載もありました。

日割り計算されないサービス:パケット定額サービス(フラット定額)

私はこの「パケット定額」に該当します。てことは締め日をまたいでしまうと無条件に次の5,2005,700円が発生するのか。10月1日の解約でも10月分の定額サービス代が引かれてしまうわけだ。

だったらやっはり月内にMNP転出するのが懸命ですね。iPhone 6が今月中に入手できれば今月末、10月以降になるならその月末にMNP転出するのがベストなタイミングかと思います。

ちなみに今日12日18時の時点でAppleのオンラインストアを確認したら出荷が「3〜4週、10月8日」となっていました。モデルや色によるのかもしれないけど、そうなら10月いっぱいはソフトバンクかな。まあそれもいいでしょう。SIMロックフリー版iPhoneは手持ちのiPhone 5のソフトバンクSIMを入れればその日から使えるはずだし。

私のFacebookページ:IT.FROGFISH.JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください