続・ バッテリードレインを解消してみた

iphone-5s-hero-l-201311前回の投稿後、私のiPhone 5のバッテリードレイン(フル充電後の使用時間と起動時間の表示が同じになる現象)は、いったんは解消したものの、その後また発生するようになりました。

バッテリードレインが発生するとバッテリー消費が異様に早くなる人が多いようですが、私のiPhone 5では勝手に再起動するようになります。しかも多いときは1日に数回も。

で、今回の再発の切っ掛けはSafariのブックマークを同期させたこと。結論から先に言うと、MacのSafariにリンク切れのブックマークが含まれていたら、それをiCloudで同期させた数日後から使用時間と起動時間の表示が同じになるようです。試してはいないけど、iPhone単体で使っていても起きるでしょう。

思うに、なぜだかiOS7は定期的(数日ごと?)にSafariのブックマークを巡回して見に行くようになっていて、そのくせリンク切れに対するエラー処理が上手くいっていないのでしょうかね。発生まで数日かかるタイムラグは曲者です。リンク切れの発生も自分では防止できないし。

ならば根本的な解決に向けては、アップルにバグ報告を投げて、対処してもらえるのを待つしかないかな。

ともかく私の場合は以下の手順で直せることが解っています。

  1. MacのSafariでリンク切れのブックマークを削除
  2. iPhoneのバックアップをiTunesに作成
  3. iPhoneをDFUリセット
  4. バックアップから復旧

なお、MacのSafariでのリンク切れのチェックはブックマークメニューから「すべてのタブを開く」を選ぶと楽です。

私のFacebookページ:IT.FROGFISH.JP

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください