忍び寄るカニ

アンボンのエンペラーシュリンプ(ウミウシカクレエビ)、さすがに印象的な写真は出し尽くしたかと思ってたけど、Apertureのライブラリを見返したらまだありました。

このエンペラーシュリンプは体長1cmにも満たない若い個体。背中の白い模様がまだ不完全です。これって成長と共にしっかりした模様ができ上がるみたいですね。

エンペラーシュリンプ(ウミウシカクレエビ)

どれぐらい小さいかというと、奥のナマコマルガザミと比べてもこんな感じ。ナマコマルガザミの体幅がせいぜい2cmぐらいだから、かなり小さいのが解ろうかと。

エンペラーシュリンプ(ウミウシカクレエビ)とナマコマルガザミ

ジャノメナマコ、一見して何も棲んでなさそうに見えても、じっくり観察してみるべきですね。数ミリサイズのエビがいるかもしれないし。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください