iPhone 5のバッテリー交換を断られた話

iphone-5s-hero-l-201311私のiPhone 5は1年ぐらい前から不意に電源が落ちるようになりました。多いときは1日に数回も。どうやらバッテリーがへたってくると起こる現象のようです。そのため目覚まし用途には怖くて使えません。

本当は保証期間内に修理・交換してもらうべきだったのですが、何となく時期を逸してしまい、思い立ったときには手遅れでした。

このままiPhone 6が発売される秋まで騙し騙し使い続けることも考えたけど、この際、バッテリーを交換することに。せっかくだから加入中のSoftBankの「あんしん保証パック」の権利を行使しようと思って。なんでも通常7,500円のバッテリー交換費用が85%還元になるそうで、自己負担が1,200円ぐらいなら今からでも払ってもよかろうと。

そこでAppleの正規サービスプロバイダであるクイックガレージ池袋店に持って行き、先方のMacBook Airと接続してiPhone 5の状態を診断してもらったところ「バッテリーの問題ではない」という結果。フル充電後の「経過時間」と「使用時間」の値が等しく、それは本来あり得ないのだとか。そんな時間表示を気にしたことはなかったけど、確かにそうですね。

よってバッテリーの不全で電力供給が途切れて電源が切れているのではなく、システム内のエラーが発生して強制シャットダウンが起こっているっぽいとのこと。経過時間表示がおかしいのもシステムエラーの影響の一端か。そういや問題の現象が出ていたときは、いきなり画面が真っ暗になるのではなく、しばらく表示が固まってから再起動していたものなぁ。

結局、クイックガレージの担当の店員さんがiPhone 5を初期化(自分でできる通常の方法よりも強力らしい。MacのPRAMクリアみたいな感じかな?)してくれ、「2〜3日このまま使ってみて」と言い渡されて帰ってきました。

その後、店員さんの言いつけを守ってMacのiTunesからの復旧をしないまま3日ほど経過をみたところ、不意の再起動は起きなくなりましたね。目覚ましのアラームが三日とも機能しました。「経過時間」と「使用時間」も違っています。あの強力なリセットがシステムの不具合もリセットしてくれたのでしょうか。

さて、約束の3日が経ったので、iTunesのバックアップから復旧させてみました。そうしないとLINEやメッセージの履歴が引き継がれないので。店員さんに「ひょっとしたらシステムの不具合まで復旧してしまう可能性も」と言われてたけど確かにそうでしたね。「経過時間」と「使用時間」は見事に一致します。後で調べたら、どうやら「バッテリードレーン」という現象らしく、これが出るとバッテリーの消費を加速する場合もあるそうな。

でも今のところ再起動はなくなったし、とりわけバッテリーの減りが早いとも感じないので、時間表示は気持ち悪いけど、ひとまず解決。

何だ、0円で解決するならもっと早くやるんだった。というか補償期間内に対処しておけば、あれこれ考えることもなかったのだけど。

まあ、不意にiPhoneが再起動する問題はAppleStoreなり正規代理店なりに持って行けばあっさり直るかもって話で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください