ドイツ人に怒られた話

アンボンにて。オオイカリナマコにウミウシカクレエビが2匹付いていたので、ほじほじくんで片方の個体をもう一方に少し寄せていたらドイツ人老夫婦に怒られました。

ウミウシカクレエビ

そのドイツ人老夫婦は、二人揃ってカメラは持たず、虫眼鏡を使って観察するスタイル。印象的な絵を撮るって観念がないこともあり、水中の生きものに触るのはけしからんという考えなのでしょうね。

ウミウシカクレエビ

そこはほら、海洋民族の端くれを自負する私とは思想が違います。もちろん環境破壊や生きものの生活に影響を与えることはダメだけど、海の生き物は神格化の対象ではないし、少々戯れる程度のことはご法度とは考えません。インドネシア人やフィリピン人と同じですね。

ウミウシカクレエビ

とはいえ全面的に許容すると、手荒なことをやる人まで出てくるから、あくまでも控えめにってのが私の見解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください