「スマ放題」に騙された

「スマ放題」にはごまかされんの続きです。

スマ放題

先日、SoftBankが新サービス「スマ放題」の一環で「データ定額パック2(2GBまで3,500円)」を発表し、てっきりライトユーザーなら現状5,200円/月のデータ通信料を3,500円に抑えられるのかと思っていたら、どうも違うみたい。「データ定額パック2」に申し込むには「通話し放題!(月2,700円)」への契約も必要とのこと。

つまり「スマ放題」はライトユーザーへの配慮や台頭しつつある低価格SIMサービスを意識したサービスなどではなく、「日ごろの通話が多いユーザに通話定額を提供しつつ、データ通信量は選べるようにする」ってことのようです。

要はdocomoの丸パクリなわけですが、無料通話アプリや楽天でんわなんかに需要を取られるくらいなら、無制限通話の定額制を入れて使い続けてもらうって作戦でしょうか。

ならば、普段ほとんど通話をしない人が「スマ放題」に切り替えようものなら、データ通信量の制限がかかる上に月々の利用料はもっと高額になってしまいますね。

結局のところ、客単価の高止まりは維持しますって話なのか。レストランに例えるなら、どのメニューを選んでも普通の人では食べきれないほどの大盛りの料理が出てきて、小食の人からも高い代金を受け取るようなやり方を続けるようです。そりゃ儲かるだろうな。客の利用状況に見合わない料金を徴収できるのだから。

これでますますSoftBankからの転出の決意が強くなりました。SIMロックフリー版にすれば、分量的にもお値段的にもちょうどいい定食が食べられますからね。

SoftBankとは、あと4ヶ月限りの付き合いになるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください