マルクダイバーズのごはん

アンボンで利用したダイビングサービスはマルクダイバーズ。宿泊施設とレストランが一体となったリゾートです。

食べられないものが少ない私が言っても参考にならないかもしれないけど、食事は総じて美味しかったですよ。基本は洋風のものとインドネシア料理の組み合わせです。

朝食は利用客が多いときはブッフェ形式。少ないときは前夜にメニューから選んだものを出してくれます。選択肢はナシゴレンやミーゴレン、お粥、フレンチトースト、ポーチドエッグなど。加えてトーストやフルーツ、シリアルなどの定番の品は自由に取ってこられるし、別途、卵も焼いてくれます。黄身が半熟のフライドエッグをミーゴレンやらに乗せると旨いですよね。

ミーゴレン
ミーゴレン
ナシゴレン
ナシゴレン

お昼と夜は、前菜・メイン・デザートのコースです。スープはどれも美味しかったなぁ。

そして素晴らしいのが手製のサンバルが素晴らしく美味なこと。サンバルはインドネシアの甘辛いチリソース。市販のボトルはオレンジ色のソースのみですが、マルクダイバーズのそれはガーリックなどの刻んだ薬味が入っていて、食べるラー油っぽい感じです。これを料理にかけると、いっそう美味しくなります。

ランチプレートとサンバルソース
ランチの一例。左の小皿がサンバル

人によっては辛いかもしれないけど、激辛党の私にとっては甘味の強いチリソース。そんなわけで私がサンバルを毎食時に必ず頼んでたら、当然のように料理と一緒に出してもらえるようになりました。

もちろんサンバルをかけなければ辛くない料理ばかりなので、マルクダイバーズの食事は平均的な味覚の日本人でも美味しくいただけるでしょう。

酒類はBINTANGビールの大瓶が$6。ちと高いですね。出されたビールはしっかり冷えてるけど、あっという間にぬるくなります。

BINTANGビール
BINGANGビール

他にあったのはワインとスピリッツ類。ジン、ウォッカ、テキーラが1ショットで似たような値段だったかな。残念ながらラムはありませんでした。まあいいや。南の島でラムがあると、ついつい飲み過ぎてしまうから。

ちなみに、おつまみのピーナッツが食べ放題でした。

マルクダイバーズでの食事への不満点を強いて挙げるなら、毎食野菜が少なめなところ。私も以前は好んでは食べなかったけど、今は糖尿病よけってことで、なるべく食事の始めに野菜を食べるようにしています。おかげで今年の健康診断でもまだ数値的には安全圏。尿酸値は高いけど。

よって朝食のブッフェに生野菜のサラダバーなんかがあると尚いいかな。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください