ナイトダイブでのエビの撮り方

アンボンのカエルアンコウの写真はまだまだあるけど、印象的なものは尽きたので、そろそろ他の被写体に。

ナイトダイブで撮ったオリビアシュリンプ、と思いきやフシウデサンゴモエビかな。ガイドは「サロンシュリンプ」と読んでいました。

サロンシュリンプ

この夜は退屈なダイビングが50分ほど続いた後、ガイドにこのエビの生息地を教わりました。ブロッコリーみたいなサンゴの群生地です。でも居場所を指してもらい、狙いを付けておもむろに接近して撮ろうとすると、ライトの光を嫌って直ぐにサンゴの奥に引っ込みます。

サロンシュリンプ

でも、撮り方が次第に解ってきました。まずはエビがいそうなところの上に浮かび、遠くからライトを当てながら探ります。するとエビの目が反射して光るので、そこからじわじわと寄っていくとエビも光に慣れるのか、近くまで寄ってもなかなか隠れませんね。

サロンシュリンプ

これ、エビ撮りダイバーにとっては必須テクニックだ。次回まで忘れないようにしないと。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください