バティク航空

先月の旅行では、ジャカルタからアンボンまでBatik Air(バティク航空)の国内線を使いました。Batik AirはLCCのLion Airの子会社で、フルサービスのキャリアだそうな。「Batik」はインドネシアの民族衣装の生地の名前です。

ちなみに定刻通りならジャカルタ発が00:30でアンボン着が06:00。時差が-2時間あるので所用時間は正味3時間半です。

バティク航空の機体。垂直尾翼がバティク柄
バティク航空の機体。垂直尾翼がバティク柄

機内預けの重量規定は20kgまで無料と聞いていたけど、24kgのスーツケースも何事もなく預けられました。

エコノミークラスのシートは3列+3列。搭乗すると私の席(窓側)にはインドネシア人のおばさんが座っていて、どうやら早い者勝ちっぽく窓側席を取られてしまったようです。

CAさんに「そこは私の席です」と言ってもらうと、その隣に座っていた夫らしきおじさんが「Change. Change.」と話しかけてきます。代わりに手前の通路側の席が空いていたので、そこがおばさんの席だったのでしょう。まあいいや。私は通路側席が好きなので、それならそれで願ったり。快く譲ることにしました。

座席にはエンタメのLCDと充電用USBポートも付いていました。日本語でも表示できます。日本語のコンテンツはほとんどなかったけど。

バティク航空の機内エンターテイメント

バティク航空の機内エンターテイメント

CAさんはもちろんバティクに身を包んでいます。足下はかかとの高い南国風のサンダルだったな。その辺りは民族衣装を徹底しています。しかもこのときは身長180cm級のファッションモデルみたいな女性ばかり。さすがは就航1年の新進気鋭の航空会社、気合いが入ってますね。

IMG_1560バティク航空のCAさん

なお、CAさん達が着用するバティクの巻きスカート(?)の前側は膝上15cmぐらいまでスリット状になっていて、かいま見える足がなかなかセクシー。スカイマークの露骨なミニスカートよりもセンスが良いように感じられました。

ほんでもって機内食はこんな感じ。東南アジアの国内線っていいですよね。スパイシーな食べ物が出てくるので。サンバルソースも付いてるし。

バティク航空の機内食

バティク航空、公式Webサイトがほとんど固まったままだし、航空券に書かれたゲート表記は判読できないぐらいだったけど、機内はいたって普通の航空会社でしたよ。CSさん達はめちゃめちゃかっこよかったし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください