ヒゲ面のハゼ

アンボンで撮った写真は大量にあるけど次の海の予定が立たないので小出しにしていきます。

ヘアリーゴビーの緑固体。和名はダルマハゼかな。

へアリーゴビー

この通りエダサンンゴの枝の中をしきりに移動します。それでも一定のパターンがあるので、カメラを構えてしばらく待てば顔を拝めます。

別の1枚。

へアリーゴビー

サンゴを保全しながら全身を撮るのはまず無理だし、もちろん壊すわけにもいかないので、どうしてもこんな絵になりますね。

でも撮った写真を見返してみると新たな発見も。サンゴに卵が産みつけられていました。

へアリーゴビー

ハゼの体長は4cmぐらいだから、卵は1mmにも満たないサイズですね。目玉もしっかりできているので、数日のうちに孵化したはずです。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください