ハナイカだらけ

アンボンの海にはいくつかの顕著な特徴がありました。 その一つはハナイカをやたら見かけることでしょう。 こちらは2cm級の若い個体。

ハナイカ

ハナイカ

英名は「Paintop cuttlefish」のはずですが、ヨーロピアンダイバーや現地ガイドは「フランボイヤ・スクイード」なんて呼んでいたような。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください