中国人観光客のマレーシア離れ

先日の謎めいたマレーシア航空機の失踪事件を受けて、中国人観光客のマレーシア離れが進んでいると聞いています。まあ当然ですよね。そもそも失踪それ自体があってはならないことだけど、その後の情報公開やら真相究明に関してもお粗末だったので。ただでさえ赤字続きのマレーシア航空、多額の賠償請求やらで遠からず経営破綻するのでしょうね。

マレーシア航空機の機体

そして先日、ベストシーズンとも言われるGW中にカパライの部屋に空きができたという情報がFacebookに載っていました。それもこの事故を受けてのキャンセルだったのかも。中国人に限らず「今はマレーシア航空には乗りたくない」「マレーシアの当局が信用できない」という人が出ても不思議ではないです。

カパライリゾートの風景
カパライリゾートはシパダンウォータービレッジよりも格段にリゾーティで虫もいません

さすがにそれから日数が経っているのでカパライの空室は埋まっただろうけど、考えようによっては今は狙い目かもしれません。中国人観光客が少ないってことは、多分多くの日本人には快適に過ごせると思うので。

文化の違いだからあんまり悪くは言えないけど、中国人の習慣や感覚は我々とは随分違いますからね。まず列に並んで順番を守るということをしないし、ブッフェでは食べきれないほどの料理を持っていって大騒ぎしながら食べて大量に残します。

マレーシアにも中国系の人は多いので、あの事件でもってこの先も中国人観光客のマレーシア離れが確定的になることはなさそうだし、不幸な事故を喜ぶわけじゃないけど、シパダン方面の海域が昔のように欧米系と日本人ダイバー中心の穏やかなダイブリゾートに戻ってくれるといいなあと思ってしまいます。

シーベンチャー
マブール島のお向かいのシーベンチャー。元石油採掘プラントのダイビング拠点です。 リフトで上り下りします。ここも使ってみたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください