ラブリィポイントが改訂されてた

JACCSのロゴJACCSカードのポイント制度であるラブリィポイントの規定が最近改正され、引き換え最低ポイント数が旧来の300から1,000に引き上げられました。3倍貯めなきゃANAマイレージに換えられないわけだ。

一方でポイント付与基準が1,000円ごとに1ポイントから200円ごとに1ポイントに変わってます。引き換えづらい代わりに5倍貯まるのですかね?何か裏がありそうな気もするけど、サイトの案内をざっと見ただけでは解らないなぁ。

私はANA派なのでANAのマイレージを貯めているのですが、なかなか増えていきません。家賃の支払いにANAカードが使えないのがネックです。引っ越そうかな。

そこで頼りにしているのがコナミスポーツに作らされたJACCSカード(MASTER)。ポイントをANAマイレージに換えられるのですよね。普段は月会費+契約ロッカー費(13,440円)の引き落としにしか使っていないので、1ヶ月あたり67ポイント。ボーナス的な加算があってもせいぜい100ポイントかそこらですが、ちりも積もれば。

それにVISAかMASTERしか使えない旅行会社を使う場合などには重宝します。私のANAカードはJCBなので。付帯の旅行保険にしてもANAの最低ランクのカードよりも充実しています。

今年は消費税も上がるし、それ以前に輸入物価も上がっています。拙いですよね。1997年の消費増税は+2%でしたが今回は+3%。しかも前回は人々の所得平均額がピークの頃だったけど、今は大きく下がっています。今賃上げできる企業はごく僅か。大勢の消費能力が下がっている中の増税決行なわけだから、今年の秋ごろには「アベノミクス不況」なんて呼ばれることになりやしないかと。

差し当たりフィリピンあたりにダイビングに行く際にもANAカードのマイレージを動員しないと。このラブリィポイントの改正、はたしてありがたいことなのかどうなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください