フィリピン航空の飛行機が小さくなる件

フィリピン航空のバナー3月31日からフィリピン航空の成田⇄セブ便の機体がA330からA321に替わるそうです。

A330は302席(エコノミー260席)だったのがA321は199席(同169席)。私は上位クラスには無縁なので1便当たり実に91席の減少です。成田⇄セブ便は12月の後半から1日2便に増えたけど、乗客は思うように増えなかったのかな。

というか3月31日からは羽田⇄マニラ便も飛ぶし、深夜01:30発のマニラ経由なら2泊3日で2日間潜れるセブ弾丸ツアーも組めるので、そちらに食われると予想しているのかも。平日2日休めば計3日間潜れる(しかも羽田から行かれる)ってのは確かに魅力的だもんな。

それと消費税の増税による需用の落ち込みも懸念されますしね。まあしかたないか。私も次のセブ行きの目処はまったくたっていないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください