続・羽田からフィリピンに行こう!

先日、日本とフィリピン間のオープンスカイ協定締結によって来春以降に増える航空路線はマニラ便とクラーク便ではないかと書いたのですが、こちらによると多少事情が違うみたいです。

フィリピン航空(PAL)は、来月27日からマニラ~成田便を現在の2倍となる週14便に増便するとともに、来年3月以降にマニラ~羽田便を週14便運航する計画を進めている。

おう、来月末からPAL(フィリピン航空)の成田⇄マニラが1日2往復になるのか。知らなんだ。PALのWebサイトにもお知らせ出ていないし、27日からと言いながらまだ計画段階なのかな。

傘下の格安航空会社(LCC)PALエクスプレスでは、セブ~成田間の就航も視野に入れているという。

PALエクスプレスが成田⇄セブを飛ばしたい?何だか朗報っぽいけど、実現してもPALのセブ便がPALエクスプレスに衣替えするだけじゃないかと。3月にPALエクスプレスの国内線(マニラ⇄タクロバン)に乗った際は、LCCといいつつ機内サービスがありました。機体もPALのものだしPALのマイレージも貯まります。客にとってはPALもPALエクスプレスも違いはないかも。ああ、低コスト化で航空券がいくぶん安くなると良いなぁ。

PALエクスプレスの機内サービス
PALエクスプレス(旧エアーピルエクスプレス)の機内サービス。 コーヒーは粉末。お湯の入ったカップが渡されます

 一方、地場LCC最大手のセブ・パシフィック航空は、来年2月以降、マニラおよびセブ発着で、羽田や成田、福岡、沖縄、名古屋、札幌、広島など9都市を結ぶ路線の開設を検討しているようだ。PALとセブ航空は現在、機材の拡充を進めている。

マジかよ?っというか、昔からそういう話だけは聞いていたので今回も真に受けない方がいいでしょう。

シンガポール系LCCタイガー・エアウェイズが出資するタイガーエア・フィリピン(旧シーエア)では、マニラ、クラーク、カリボの3空港と、成田および大阪を結ぶ便を計画。このほか、LCCエアアジア・ゼスト(旧ゼスト・エア)も来年10月をめどに、マニラ、セブ、カリボの3空港と、成田、大阪、名古屋を結ぶ便を運航する考えだ。

こうなると、どこがどうだか。

 両国間の合意では、日系大手もフィリピン~羽田便の開設を目指すと明らかにしている。

こちらはあるかもしれません。オープンスカイ協定の昼夜2スロットずつのままじゃ足りないけど…。 結局のところフィリピン発のニュースなので多分に希望的な憶測も盛り込まれているのでしょう。経済はもちろん軍事(南シナ海で対立中の中国軍への牽制)など、いくつかの面で日本に期待するところがありそうだから。

実際、現地のフィリピン人に聞くと、中国人はもちろん、近年急増している韓国人のツアー客や移住者よりも、日本人の好感度はずっとずっと高いみたいだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください