東京オリンピックにはキャンセルされた過去がある

Olympic_flagかつて1940年の東京オリンピックはキャンセルされ、フィンランドのヘルシンキに変更になりました。第二次世界大戦の勃発前年ですからね。社会情勢的にも、さぞ異様な雰囲気だったんだろうな…。

さて、2020年の東京オリンピックにも不安材料がまったくないわけではありません。開催をキャンセルせざるを得ない状況はこんな感じかな。

  1. 世界規模の大戦争が勃発
  2. 福島原発の汚染水盛れがコントロールできていないことがばれて開催権剥奪
  3. 東北の沿岸が再び大地震、大津波に見舞われ、福島原発がいよいよ深刻な状況になる
  4. 富士山が噴火し、大量の火山灰が降って東京の都市機能が壊滅する
  5. 関東大震災が発生し、東京の都市機能が壊滅する
  6. 温暖化がさらに進行し、7月末〜8月上旬の東京では屋外競技が実施不可能と判断される

1. は、ないかな。もはや世界規模の戦争が起きる時代ではなさそうなので。もちろん局所的な戦争は起こり得るし、中国や北朝鮮の思惑次第では東京も巻き込まれなくはないだろうけど、そういう可能性は薄いですよね。

2. も今さらって感じがします。よほど深刻な数値が出なければないでしょう。

安倍首相がプレゼンの時に言った「コントロール下にある」が嘘なのは誰だって解った上で東京に投票したわけだから。何も実績がないのにオバマ大統領にノーベル平和賞が与えられたのと同じようなものです。「お前ら、ちゃんとやってみせろよ」と。

3. は、起こらないで欲しいと願うばかり。傷ついた人たちに追い討ちで鞭を打つような話だから。

4. と 5. は、あるかもしれないし、ないかもしれないし。なにしろどちらもずっと前から「遠からずいつかは来る」と言われていますからね。富士山の噴火が関東大震災の引き金になることも考えられましょう。あるいはその逆か。

火山灰も桜島のようにうっすらなら大丈夫ですが、5cmほど(ちょっとした積雪レベル)も積もろうものなら、もうその街は捨てざるを得ないそうです。主成分は微細なガラスの粉で、雪とは違って溶けないので、厚く積もると始末に負えないそうな。そうして都市機能が失われようものならオリンピックどころではなくなります。

しかも過去100年周期で噴火してきた富士山は300年噴火していないので不気味なのですよね。3倍返しを食らわないかと。

まあでも300年平穏だったのだから向こう7年ぐらいは大丈夫かも。そしてその後もしばらくは。

よって、もっとも切実なのは 6. でしょうか。開催に問題はなくとも台風やら酷暑による順延なんてことは十分に考えられますよね。特に陸上競技では涼しい国出身の選手なんかバッタバッタ倒れるんじゃなかろうかと。あと、客席の観客も。そうすると「最低、最悪の大会」って評価が下ってしまいます。

差し当たりマラソンなんかは朝4時スタートとかにするべきかも。それなら日中仕事を持っている日本人の多くも生中継を見られるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください