スタートレック・イントゥーダークネス

今月はダイビングにいかれなさそうなので、新作映画が僅かな楽しみの一つです。

ちなみに他には飲み会の予定が一件と、こちらのイベントを心待ちにしているぐらいで。残念なことに私には激辛党の友人知人がいないのですよね…。


スタートレック・イントゥーダークネスを観てきました。

スタートレック・イントゥーダークネスのバナー

感想の一つ目は「脚本、上手く作ってあるなぁ」です。なにしろメインクルー全員に見せ場があります。

カーク&スポックが終始活躍するのはもちろん、ドクター”ボーンズ”マッコイは要所で重要な役割を果たすし、ウフーラも異種族言語という他者にはできない役割を買って出ます。

スコッティも機関室に入り浸り&船のお留守番ではない任務を与えられ、チェコフは彼の代役を勤めました。スールーもキャプテンシートに座り、肝っ玉の座ったところを見せてくれます。

で、この先はネタバレなので気になる人は読まないでください。

二つ目の感想は「トレッキー感激!」かな。昔のテレビ放送と映画シリーズと見ていた人にとっては、かつて観たエピソードで見覚えのあるシーンがあれこれ出てきます。
まずは今回の敵、ジョン・ハリソン。宇宙艦隊の反逆者ですが、艦隊に恨みを持つ素性、超人的な頭脳と身体能力、そして行動力は「もしかして?」と思わせてくれます。そうそして中盤で明かされた正体と彼の名前には「やっぱりそうだったんだ!」と。カーン、優生人類ですね。遺伝子操作によって生み出され、その傑出した能力からスタートレックの正史では1992年に優勢戦争を巻き起こし、いったんは地球の多くを支配したことになっています。

他にも医療質での動物実験体としてトリブルが。トリブルは妊娠した状態で生まれてくる繁殖力旺盛なモコモコの小動物。テレビシリーズではクリンゴン絡みのエピソードで登場したやつですが、今回も。

そう、本作にはファン待望のクリンゴン人が登場します。ただし全員が頭をすっぽり覆うヘルメットを着用(ヘルメットの額にはクリンゴン人特有の模様あり)。これはテレビリーズのスタートレック・エンタープライズで、クリンゴン人がとあるウイルスに罹患したことを連想させます。優勢人類のDNA絡みのウイルスのせいで、この時代のクリンゴン人の多くが地球人と同じ外見に変異しているはずなので。

ただ一人ヘルメットを脱いだクリンゴン人リーダーの頭部のデザインは、見慣れたそれではなかったけど、これがクリンゴン人の新デザインなのか、ウイルスの影響(地球人風にはならなかったが、完全なクリンゴンの姿を留めていない)なのかは不明です。多分、後者かな。クリンゴンのコスプレがしづらくなると本国のトレッキー達が落胆するだろうし。

クリンゴン人が使うバトラフ(両手持ちの三日月型の剣)も本作ではより刺々しい形状になっていました。クリンゴン船として有名なバードオブプレイは、ウイングの羽ばたき構造があるようですね。このあたりも観ていてニヤリとしてしまいます。

レナード・ニモイ扮する別の時間軸のスポックが本作にも登場しますが、これはカメオ。若いスポックがカーンの倒し方を尋ねてたけど、だからってどうって事でもなかったような。結局、殴り倒したわけだし。

そして何よりも、カークが絶体絶命のエンタープライズ号の動力を復旧させるシーン。あれって映画シーズ第2作へのオマージュそのもの。スポックと役割が反対だけど。

つまるところ新しいスタートレックの映画第二作目は、旧シリーズの第二作目のストーリーをベースにしつつ、新作として完成させたわけか。キャロル・マーカス博士も出てきたし。

さて、第三作目の公開は2015年の予定。本作では最大の理解者だったパイク提督をテロで失い、奔放な自信家だったカークは変わったように見えました。よって次回作では少々落ち着いた雰囲気の、ちょうどテレビシリーズの頃みたいなカーク船長が見られるのではないかと。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください