モヤモヤエビ

5mmぐらいのエビ。名前を教わったもののラテン語そのものっぽい響きだったので忘れました。和名はまだないようです。

エビ

ひとまず私は「モヤモヤエビ」と呼ぶことにします。

でも、モヤっとした絵は体毛のせいばかりではなく、フォーカスが甘いから。昨日も書いたけど、私の105mm Microのように焦点距離の長いマクロレンズで接写すると、被写界深度が浅くなってピント合わせが難しくなるのですよね。こちらの本にもそうありました。

とはいえ5mm級の生き物にはそれなりに接近しないと大きく写せないし、難しいところです。

こちらも読まれています:

“モヤモヤエビ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください