レンベ行きにはいくら必要?

早いもので2013年も後半に突入。この4月〜6月の景況感を元に来年春からの消費増税を行うかの政治判断がなされるわけですが、庶民の感触としては微妙、というか無謀ですね。今月からまた物価が上がるし。

こんな状態で消費税率を引き上げれば、一時の駆け込み消費後に消費活動がドスンと落ち込むのは目に見えています。駆け込み消費は需要の先食いなのでリバウンドも大きくなるわけです。

でも、ここできっちり増税しないと国際公約破りで売り材料にもなってしまいます。野田前政権、まったくもって愚かなことをやってくれたもんだ…。


へアリーフロッグフィッシュ
お目当てのへアリーフロッグフィッシュ。 写真はカサワリレンベリゾートのWebサイトから拝借

さて、今月のダイビングは私にとって数年来の悲願だったレンベ。インドネシアはたぶん16年ぶりです。ジャカルタとバリ以外の地域に行くのは初めてだ。

私は最小限の計画で行き当たりばったりの旅が好きなのですが、行き慣れたフィリピンやパラオとは事情が違いそうなので今回は少し調べてます。

まずはビザ。今回はシンガポール経由なので、マナド(メナド)にてインドネシアの到着ビザを取得することになるようです。料金はUS$25。米国行きのときみたいに事前に何かをする必要はないわけだ。

フィリピンの南に行くためにマレー半島を経由するのは不効率。フィリピンのクラーク(マニラから50kmぐらい北に立地)が早くハブ空港化されたらいいのに。そういう計画も聞かれるのだけど、まあ永遠に「3〜4年後を目処に…」のままかも。仮に決まっても着工と運用開始はもっと先だし。

また、マナドの空港(サム・ラトゥランギ国際空港)で払う空港使用料が100,000ルピア。めちゃめちゃ高いようにも思えるけど日本円で980円ぐらい。

なお、現地リゾートでの支払いにはクレジットカードが使えるそうな。

よって必要な現金はUS$25+数千円(空港使用料、チップ、街中でのお買い物代)ってとこですかね。ルピアには2〜3,000円くらい替えれば十分かな。

それと羽田空港のシャワールーム利用が2,000円。これも入れるなら旅に必要な現金は合計1万円弱ってとこですね。

羽田空港(国際線ターミナル)のシャワールームは30分で1,000円(ドリンク券つき)。かつては800円(ドリンク券なし)だったので、ちょい値上がりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください