Pentax Q7は面白いかも

実はこのblogのアクセス解析を見ると、水中撮影用のデジカメとハウジングのネタが人気だったりします。検索エンジン経由で辿り着くようです。確かに、その手の情報は少ないですからね。

水中撮影関連の疑問や相談事があれば、新宿西口のアンサーというお店で相談すると的確なアドバイスを貰えますよ。


Pentax-q7
OLYMPUS OM-D同様、クラシカルな雰囲気は私も好きです

私がセブに行っている間に新しいミラーレス一眼カメラが登場していました。Pentax Q7です。

Pentax Qシリーズは「レンズ交換式コンデジ」とでもいうべきカメラ。前モデルのQ10のイメージセンサーは1/2.3インチで「普通のコンデジ並」だったけど、今度のQ7は1/1.7インチなので「各社の上位コンデジ並」。私としては「ようやく評価対象に加わってきた」という感じかな。

一般的にセンサーサイズは画質に比例、より大きい方がクオリティの高い写真が撮れます。 なお、 SONYやCanonには、さらに大きいセンサーを搭載した最上位機もあります。

Pentax-Q-fisheye-lenz
専用の魚眼単焦点レンズ

Pentax Qシリーズの利点はもちろんレンズを交換できるところ。残念ながらマクロレンズはまだないけど、フィッシュアイレンズ(画角170°)が用意されています。

そしてQ7はフルHDの動画(1920×1024, 30fps)も撮れます。音声はモノラルだし、クオリティまでは解らないけど。 ということは、かねてから私が欲しかった「フィッシュアイ動画撮影が可能なカメラ」の有力候補になりえます。

画質はせいぜい上位コンデジ並だとしても、湾曲したフィッシュアイ画角が得られれば、楽しい動画が撮れますよね。これでギンガメやバラクーダのトルネードに突っ込んでみたいなぁ…。

価格もカメラ本体とフィッシュアイレンズで5.5万円程度(Amazon価格)。こちらも上位コンデジ並です。

対抗は矢継ぎ早のモデルチェンジで値崩れが激しいLUMIX DMC-GF5とLUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008の組み合わせですが、8万円を超えてしまいます。

あるいは同じく値崩れしたSONY NEXとSAMYANG 8mm F2.8 UMC Fish-eye(韓国メーカー製レンズ)という組み合わせもあり得ますが、6万円は下らないようです。

ただし、Q7専用の水中ハウジングはないので特注することになります。サンコーレアモノショップあたりが企画・開発して2万円ぐらいで売ってくれると嬉しいのだけど。

冒頭で紹介したアンサーに相談すれば、懇意のプロモファクトリーに「レンズポート一体型フロントパネル交換式」のハウジングを開発してもらえるかも。需用次第ですが「コンデジ並に小さいミラーレス」には、一定の人気がありそうな気がします。

私の写真のFacebookページ:FROGFISH.JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください