楽天がAmazonに勝っているところもある

Amazonって便利ですよね。検索すると商品単位で絞り込まれるので、すぐさま購入ページに進めます。その上、多くの商品が送料無料だし。

商品に対して箱が無駄にデカいのが資源の無駄遣いっぽくて腑に落ちないけど。 

一方の楽天は、商品の検索結果は提携ショップの出品リストなので、重複する膨大な商品リストが表示されます。しかも余計な商品も混ざってるし、多くは送料が要ります。

よって一般的にはAmazonの方が好まれているようですが、楽天が良い場合もあります。例えばコンタクトレンズを買うときとか。

nwo-sight-aqua-moist 

私が愛用しているのはネオサイトワンデーモイスト。
薄くて装着感も良く、安いので気に入ってます。
購入に眼科の受診と処方箋は不要です

私は左右の目で視力が違うのですが、Amazonでは度数が違えば別の商品扱いなので、別々にショッピングカートに入れて買わなければなりません。

でも、「ネオサイトワンデー BC8.6 -3.0」といった具合に検索しないと、度数の違う商品が大量にリストアップされてしまいます。

そうして何とか片方を特定すると度数が違う関連商品(この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています)が表示されるけど、自分が欲しい商品が含まれているとは限りません。

で、同じように進めてもこんな風に左右で出品者が異なったりします。

AMAZON

しかも片方の業者は5,250円以上買わないと送料が発生するようだし、別々に送られてきても厄介です
一方の楽天ではショップに飛んだ後は左目用と右目用をセットで買えるようになっています。

RAKUTEN

送料もポイント還元率が高いときに買えば負担感も軽減されるし。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください