Dr. FISH

我々ダイバー一行はたいがいの海水魚は見慣れているのでマニラでも水族館の展示水槽には「ああそうだね…」ってなもんです。アクリル越しではろくに写真にも撮れないし。

よって一番気に入ったのがドクターフィッシュのコーナー。

ドクターフィッシュの水槽
金魚すくいの生け簀のような足湯のような

日本でもいろんなところで体験できるようだけど、ここのドクターフィッシュは一匹一匹がでかいです。中には体長が10cm以上ある個体も。

なお、2個の水槽にはそれぞれ違う種類の魚が入っていました。どちらも角質をこそげとるようについばんでくるのだけど、魚が肌に触れた時の感触が違います。よく見ると柄や形も違うので、ドクターフィッシュにもいろいろ種類がいるのでしょう。

Dr. Fish
こちらの水槽の魚は人の足に垂直になってガツガツくる感じ、口が頭の前にあるのかな
Dr. Fish
こちらの水槽のは足に腹ばいになって角質を食べる感じ。口が頭の下向きに付いているのでしょう

結局、マニラ水族館のどの展示よりも長い時間をここで費やしました。

ついでに言うと、いっしょに居合わせたインド系のお客さんには、我々以上にドクターフィッシュが集結していたような。彼らの皮膚の方が魚の好みなのかも。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください