円安対策

3月11日、サウスレイテから帰る際、マニラ空港で円をペソに換金しました。レートは0.4107。要するに1万円が4,107ペソ。半年前は0.52を超えていたので実に2割以上の為替変動です。

後で調べてみたら、この日の円は対ドルでも96円台まで下がっていたのですね。同じく円売りペソ買いも進んだのでしょう。近年、フィリピン経済は伸びてるし。

さて、今後はいっそうの円安と定着もあり得るので、貧乏ダイバーの私は知恵を付けないと。そこで見つけたのがこちらのカード

MoneyT-Global-Card

簡単に言うと、金融口座を作って円で入金しておけば世界中のVISAやPLUS+のATMで現地通貨を引き出せるサービスのようです。VISA対応のお店で買い物もできるらしいので、中国人観光客が必ず持っているデビットカード(銀聯カード)に似た感じですね。

金融機関としての店舗業務を持たないためか、換金レートも空港やホテルのレートよりも有利との触れ込みです。海外でも空港やショッピングモールなんかにはたいていATMがあるわけで、そこでさほどレート負けせずにさらっと引き出せるなら確かに便利かな。

ならば気になるのはMoneyT Global口座に入出金する際の手数料。そして入金するときや残額を戻すときはどうなのか。

さしあたり入会金や年会費はなく、今なら入会手数料も無料とのことなので取りあえず入会し、あれこれ確認してみました。

届いた一式はこちら。

DSC04724

加入に伴い東京三菱UFJ銀行に口座が作られたものの、名義はJTBなので、私に割り当てられた取引口座という扱いですね。よってカードを東京三菱UFJ銀行のATMに挿しても機能しなはずです。

さて、利用時には現地で一度の引き出しごとに4%(為替手数料)+200円(引出手数料)が発生します。2万円を引き出すと1,000円取られる感じですね。まあこれはいいでしょう。どこで換金しても、いくばくかの手数料はかかるわけだから。

残念なのは海外での残高照会にも100円かかること。でも、MoneyT GlobalのWebサイトにログインすれば確認できるので、ネットさえ繋がれば大丈夫。

ただし、残金の払い戻しには525円、そして12ヶ月使わないと口座管理料の157円/月が引き落とされるのだとか。払い戻し時はともかく、作ったまま使わないと1年後から毎月157円ずつ引き落とされるってのは不本意です。

などと書いていたら、日経トレンディで特集が組まれました

どうやら同種の「NEO MONEY」 というサービスには口座管理手数料もないそうな。そちらにすれば良かったかな。まあ、競争原理が働いて、いずれMoneyT Globalも口座管理手数料がなくなるか、期限が24ヶ月ぐらいに伸びることを期待しましょう。いや、もっと言うなら東京三菱UFJ銀行が同種のカードサービスを始めてくれるといいかな。

取りあえず、次回セブに行ったときに私の行動範囲の中(パブリックスペースじゃないと物騒だ)に該当のATMがあるかどうかを確認し、その結果いかんで次次回以降に使うかどうかを決めましょうかね。

そうそう、ATMによる引き出し時は「20ペソ札を多めに(チップに使うので)」なんてことはできるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください