HDDを買ってみたら

HDD新しくHDDを購入しました。ここ数ヶ月、自宅のメインのMacの調子が悪かったので、OSから再インストールしようと思ってバックアップ用にと。

2TBと3TBで迷ったものの、3,000円ぐらいの差なので3TBに決定。

外付けか内臓かでは安価な内臓タイプを選択。以前に買ったS-ATA直刺しのアダプタがあるので、それで繋げば良かろうと。

で、届いた3TBのHDDをMacに繋いだところ容量「800GB」だそうな。騙された?

しばし原因を考えると3TBという容量にふと心当たりがありました。私の直刺しのアダプタは数年前のものなので、最近の大容量HDDには対応しきれていないのでしょう。ならば「接続できません」などと表示してくれればいいものを。

結局、800GBで使うわけにもいかないので、追加でクレードルも購入することに。しかも新しい機種。

せっかく内臓タイプのHDDにして代金を浮かせたつもりだったのに、結局は外付けHDDを買うよりも高く付いてしまいました。無念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください