子ダンゴウオ、どこに撮りに行こうか?

昨日、南伊豆のダイビングショップ・サーフサイドから「小笠原行かない?」というお誘いがきました。いいですね小笠原。何年ぶりだろう。

でも日程を聞いたら2/14(木)〜25(月)とのこと。小笠原丸2航海分、10泊12日のロングツアー。行くには休みが8日も必要なので、残念だけど断りました。さすがにリタイヤ組でもなければ無理ですよね。私は3月のサウスレイテ行きにも休暇が必要だし。

いや、そもそも2週間前になって私に声を掛けてきたということは、きっと予定メンバーに欠員が出たのでしょう。私も前後半のどちらか1航海だけなら参加できなくもないけど、まあ今回は他者に譲ります。

ついでに言うと、小笠原は物価が高いし、中10日も潜って飲み食いしたら相当お金を使ってしまいます。その意味でも、やっぱシニア向けのツアーってことですね。あの海なら老眼でも大丈夫だし。

さて、これでその期間はサーフサイドがクローズしてしまうことが解りました。実は2月はダンゴウオの稚魚、幼魚がわらわら出始める頃と聞いていたので、当てにしてたのですが。

差し当たり、2/9(土)〜11(月)の三連休で、天使の輪を持った子ダンゴウオを撮りたいと思ってたけど、今年は親魚の出現からして遅れているみたいなので出てくるかどうか。でも、それを逃すと来月までおあずけだ…。

谷津のダンゴウオ
また親魚でも良いけど…

ならば他のエリアに出向くべきでしょうね。ダンゴウオは近場だと南伊豆〜葉山あたりまで、いたるところで見られるらしいけど、要はミリ単位の被写体を探し慣れた目の良い現地ガイドがいるかどうか。

でも長年リゾートダイバーだった私には、サーフサイドの他には当てがありません。

というわけで、どなたか最新のダンゴウオの出没情報と、稚魚、幼魚を探すのが得意なガイドがいるショップを教えていただけると幸いです。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください