テザリングが当たり前になれば…

au iPhoneではすでにテザリングが可能です。ソフトバンクのiPhoneでも12月15日からできるようになります。iPhoneを持たないdocomoも既にやっていますし、今後は「スマホでテザリングは当たり前」になるのでしょう。

ならば、近い将来起こりそうなのが「モバイルルーター需要の減退」。特にEMOBILEの契約者が減るという。

例えば私はiPad(Wi-Fiモデル)でもネットに繋がるようEMOBILEルーターを携行していますが、出先の軽い用途ならiPhoneのテザリング(7GB/月)でまかなえるでしょうから(ソフトバンクはまだまだ繋がり難いとしても、さほど緊急性を求めていないため)、更新月(7月)が来たらEMOBILEは解約して、代わりに固定回線を自宅に引き直そうと考えています。EMOBILE、1年レンタル契約にしといて良かったです。いや、違約金の額次第ではさっさと解約してもいいか。

差し当たり私の自宅にはJ:COMの下り12Mbpsの光回線が月1,980円で導入可能なので、OSのアップデートや動画の閲覧など重めの通信は自宅で済ませ、外ではメールやニュースサイトの閲覧に留めればネット代を半分にできそうです。これで月々2,000円、年間換算で14,000円を倹約できます。

モバイルルーターのヘビーユーザーはともかく、ライトユーザーの間では、このパターンが増えてくるでしょう。なるほど、イー・モバイルがそそくさとソフトバンクに身売りしたわけです。いざソフトバンクのiPhoneでテザリングが解禁されようものなら、ヘビーユーザー以外が離れ、遠からず商売が成り立たなくなるのは目に見えていたと。

ちなみに同じモバイルルーターでもau傘下のWiMAXの方はEMOBILEほどの打撃は受けないでしょう。帯域制限を行っていないため、フレッツひかりやauひかり等の置き換え需要が期待できるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください