iPhone 5は不便だ

iPhone 5を入手してから1週間ほど使ってみた私の感想は「不便だ」です。本体自体に不満はないのですが、なにしろLightningケーブルが箱に同梱されていた1本しかないので。

iPhone 5では、おなじみの30ピンUSBケーブルが通称「Lightningケーブル」に置き換えられました。そして困ったことにこのLightningケーブルはまだ市場に出回っていません(Appleストアの実店舗にはあるんだっけ?)()。

よって自宅と出先の両方で充電したい時は、虎の子のケーブルを持ち歩く必要があります。ただし、もし出先に置き忘れて来ようものなら致命的です。その時は充電用の外付けバッテリーも役に立ちませんし。

早くAppleがLightning – 30ピンアダプタを出荷してくれると良いのですが。

なお、LightningケーブルはAppleオリジナルのチップを搭載していてサードパーティが簡単に作れない仕様になっているのだとか。いずれはライセンスが供与されるでしょうが、それにも時間がかかりそうです。

というわけで、これからiPhone 5を買おうとしている人は、Lightningケーブルや変換アダプタが市場に出回るまで待った方が良いかも知れません。早く乗り換えたい気持ちも解りますが、思っていた以上に不自由を感じることになりそうなので。

※「Apple Lightning – USBケーブル MD818ZM/A」ならすでにアマゾンでも買えるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください