iPhoneの下取りってのは上手いやり方だ

iPhone 5が発売されましたが、フィリピン滞在中なのでしばらく予約投稿です。

今回、期間限定でスマホ下取りプログラムが実施されます。

スマホ下取りサービス

切っ掛けはユーザーのtweet。それに孫社長が「やりましょう」と応えた形ですが、とうぜんそこにはしたたかな計算があったはず。なるほどソフトバンクは下取り価格を月々利用料から割引くことでauへの乗り換えを防止できます。

私はiPhone 4Sは紛失してしまったので、手元にあるのはiPhone 3GS(1,000円×5ヶ月間割引)と3G(1,000円×4ヶ月間割引)。そして下取りは一台まで。1,000円の違いなら古い3Gの方を引き取ってもらいましょうかね。

さて、これでソフトバンクには中古のiPhoneが大量に集まるはずです。だったら次にお願いしたのが「代替機レンタル」。iPhoneを無くしてしまったけど新しいのを買いたくはないという人に中古の旧機種を月単位でレンタルするというサービス。これがあれば「買い直すぐらいなら、この際、MNP特典を受けてau iPhoneに乗り換えよう」を思いとどまらせる効果が見込めるでしょう。ユーザー側もそれなりの機種をそれなりの負担で使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください